戻る

秋田県東京事務所 牧野一彦所長・秋田魁新報東京支社 相澤一浩記者の送別会

3月26日(日)17時からあきた美彩館において、秋田県東京事務所 牧野一彦所長・秋田魁新報社東京支社記者の相澤一浩氏の送別会に出席してきま した。

首都圏秋田県人連合会・秋高連・秋田ふるさと応援団・東京秋工会・ フェースブックの共催で27名(秋工会から5名・富田鉄人・辻村豊昭・生駒茂・ 小野鐡雄・三平俊悦)が参加しました。

高久浩二元会長の挨拶と乾杯で始まりした。秋田の日本酒が飲み放題で次第に盛り上がり各テーブルの代表者が歌やスピーチを行い大賑わいでした。牧野所長が各テーブルごとにお酒を継ぎに回り、写真を撮りました。

最後の挨拶の際はかなりご機嫌となり、初めての東京勤務二年間、皆様方と種々の意見交換させていただき有意義に過ごすことが出 来て感謝申しておりました。

最後のお別れに、女性から花束を贈られ満面の笑顔で、結婚式以来こんなに祝ってもらったことがないと喜んでいました。第二の職場は秋田空港ターミナルビル(株)に勤務(専務取締役)するので空港に来た際に事務所に立ち寄ってくださいとのことでした。 

記者の相澤さんは本社の政治・経済記者の担当で赴任します。

写真・記事 秋田ふるさと応援団: 三平俊悦 会長